Kaohsiung Museum of shadow puppet
ホーム | 交通 | お問い合わせ  | シェア 
中国語 | English | JP | KIDS
000061964
大きいフォント中型フォント小さいフォント
 人気(1355)
本芝居の歴史
影絵芝居は約三百年前に中国潮州から台湾の南部に伝入し、台湾南部の都市の一つ-高雄は、遂に台湾の影絵芝居の重要な根拠地となりました。しかし、70年代の初期に、台湾の影絵芸術は衰退の道を歩きました。その時、台湾政府は文化の資産を保護することと民俗伝統芸術(フォークアート)の推進することに関心を払い、1989年に、台湾文建会の協力の下に、地域の伝統文化を保存することを目的として、影絵芝居事業を立ち上げ企画が始まりました。1990年に設計完成、1991~1993年の間にインフラ建設工事が始まり、1994年3月13日に正式開館しました。

ところが、1994年に成立して以来、18年間にはメジャーの内部ハード設備を更新していませんでした。伝統的なパフォーマンスは、もう現在のトレンドに合いませんでした。更に2000年9月のファナビ台風にせいで、影絵芝居の劇場が大損害に遭わされたから、閉館してリニューアルすることになり、漸く2012年3月に新たな姿で登場しました。

リフォームされた影絵芝居は、現代感を取り入れ、最新の設備とテクノロジ施設を備え、来客に伝統的な戯曲文化の体験することを提供します。さらに、館内の展示コーナーと体験コーナーを備え、その目的は伝統的な文化を復興させだけではなく、文化を推進させられるために、影絵の講義やコンテストや全国巡回公演などを行い傍ら、伝統影絵劇団を育成し、定期に館内に様々な出演を行っています。ちなみに、影絵シンポジュームを催し同時に、来客は影絵に関わる多様化の学習・体験することができるように進めています。

影絵芝居の創立記事
1986年に、行政院文化建設委員会、台湾省政府教育廳の命令により、地域特色館(影絵芝居)の立ち上げることを企画しました。
1987年に、地域特色館(影絵芝居)の計画を行政院文化建設委員会に委託しました。
1988年に、地域特色館(影絵芝居)の計画を行政院文化建設委員会の邱坤良教授に委託しました。
1989年に、地域特色館(影絵芝居)計画は邱坤良教授の指導によって、完成しました。準備の際から、東華影絵劇団の担当(団主)張徳成氏が民俗芸術師として指導し、伝統芸術課程などをデザインする同時に、張新国氏、張英嬌氏、張榑国氏は、芸術宣伝担当として1991年7月1日から1994年6月30日まで3年間の伝統芸術宣伝仕事を行っていました。
1990年に、地域特色館(影絵芝居)の計画によって、インフラや設備などの経費を集めました。
1991年に、地域特色館(影絵芝居)の計画に基づいて、インフラや設備の設計などを備えました。
1992年に、地域特色館(影絵芝居)の計画において、インフラや設備など工事は完了しました。
1993年に、地域特色館(影絵芝居)のインフラや設備などが完成し、正式に落成されました。
1994年に、影絵芝居は正式に開館しました。
2010年に、ファナビ台風のせいで、閉館改修になりました。
2012年3月に、嶄新な風貌(舞台)を創っていました。
TEL:07-6262620 ext. 2806 | FAX:07-6250404
82060高雄市、岡山南路42号(営業時間)
高雄市立歷史博物館 © 著作権
画面は1280x768の解像度に設定されている